kapuki(カプキ) かぶく者の為の着物ブランド

初めて見たのは、 安室ちゃんの引退の際に安室ちゃんが着ていた浴衣。


カッコ良くて素敵な浴衣だなあ、と 思って調べた。


kapuki onnlineshop から モデルは店主のレイコさん。かっこいい着こなしで 大ファンです


それが、kapuki というブランドだった。


この記事を書いた人(プロフィール)

ダフネメリアと申します。よろしくお願いします
  1. 名前:ダフネメリア
  2. 職業:現役のバイヤー
  3. どのくらい:年間600商品仕入れ
  4. 記録:1日の最高売上1商品で3億円
  5. 2002年から20年ほどのベテラン
目次

浴衣→マスク→アパレル、着物

私が見つけたのは 安室ちゃんの着ている浴衣がカッコ良かったからだが、
当時 着物、浴衣などを少しかじっていた私には
「聞いたことのない」新しいブランドだった。
HPを見にいくと、
見れば見るほどかっこいい、前衛的な柄ばかり。

私が知っていた浴衣や着物で 前衛的な柄などを展開する着物のブランドは
金子国義の蝙蝠柄の浴衣や帯などくらいだった。

着物の世界は、とにかく古典的だし、着方もいろいろ難しそう、という印象で
素人にはなかなか入り難い世界。

私はそう思っていたので、 深入りしないしできない世界、としていたが、
初めてkapukiを見たときに ここまで かっこよく、自由が許されたブランドも
あるんだな、ということに驚いた。

浴衣がとにかくカッコよく、
私は これほど挑戦的な柄ばかりを浴衣にするブランドが出てきて、
日本の着物の世界は、まだ 大丈夫かもしれない、と思ったくらい。

新参者など許さない、という世界だと思っていたので、
中目黒に店を構える カッコ良すぎるkapuki に あの 誉田屋源兵衛さんによる帯などがあると聞き、
さらに 驚いた。

誉田屋さんといえば帯の名門。
東京のしかも中目黒にできた新しい着物のブランドを相手にするなんて、 誉田屋さんて すごく柔軟なのだなと驚いたし、
名門誉田屋から帯を仕入れられるなんて、このお店どんなお店なんだろう?と思ったのだ。

店舗には、店主(レイコさん)が自ら出演して紹介するインスタをしばらく見てから、
ますます親しみが感じられて 行ってみた。
どうしても 素敵な浴衣達の実物を見てみたい。

攻めた柄が多く、浴衣の生地で作られたワンピースがあった。
かなり攻めた カッコいい 草履なども ある。


浴衣には 編んだ竹のバッグなどを 持つのがルールかと思っていたが
kapukiでは ビニールの蛍光色やメタリックカラーのバッグを提案。

ルールとか、堅苦しいことを言わず、
着たいものを切ればいい、という カッコいいスタイル全開で、
一度行くとファンになる。

中毒性の高いブランドだ。

自分では買わない高級日用品 kapukiのマスク

kapukiの何かが欲しい、と お店に行ったり
オンラインストアを頻繁に見るようになった。

でも、やはり 浴衣を仕立てる勇気も予算も私にはなく、
洋服は まだ 高いので買うこともできない。10万円前後はするのだ。
ここの洋服は、 ラインが綺麗だな と思った。

であれば、小物だけでも買いたい、何か買ってみたい、とおもう。

もはや この気持ちの動き方は
ファンになった人特有の動き。

誉田屋さんの帯を仕入れることができ、
店には どれもかっこいい柄ばかりのこの挑戦的なブランドが好きになった。

店員は 金髪でショートカットだったりなど、
いわゆるはんなりな着物を着る女性とは真逆の、
東京ど真ん中のイメージ。

着物の業界や着付けの先生から見たら
怒りそうな破壊する、 かぶく心ゆきに惚れてしまった。

私は結局、
このブランドのマスクを買った。

オンラインで 買ったマスクは、
ちょうど コロナ禍で 「布マスク推奨」の時期だった。

浴衣の生地で作る 美しいシルエットのマスクは、
ミステリアスな印象を与えるような 美しさ。

私は、白と墨黒の2枚のマスクを買った。
紐の部分と、本体の縫い付けの糸が 赤。

そういう 細かい作りに手抜きがない。

夏の間は このkapukiのマスクをしたが、
ファンデがついたら 形が崩れないように丁寧に洗って乾かした。

1枚 2000円以上はする、冷静に考えれば高いマスク。

でも 友人などにプレゼントするには良いかなとおもう。

マスク一枚とっても、ラインの撮り方がとても美しいのだから、
これから 増えてくるのかもしれない アパレルラインには 本当に期待している。

私が見たのは、「初めてのジャンプスーツ」だった。
蛇の総柄だったが、まるで白黒のフのような豹柄に見えた。

これ、蛇柄なんだ、豹柄かと思った・・・。と思うような意外性。

お店はコロナ禍に中目黒内で移転をし、2階建のお店になったようだ。

小さいお店からスタートしたけれど、芸能人が密かに来ていたり、
うまく前衛的な雰囲気の芸能人をモデルにしているのも 
さすがカッコいいブランドだもんなー!と 思ってしまった。

私は浴衣を仕立てる予定は今のところないが、
カッコいい浴衣を着たい人にはおすすめ。
古典的な着物に懐疑的な人にはもっとおすすめ。
私もいつか、何か欲しい。

kapukiのお店へ GO

ぜひ実物を見て欲しい。
中目黒に行ったら、 新しくなった kapukiに。
でも、 呉服屋は接客されたら 高い買い物をさせられそうで
怖いな、という心配をされる方も正直いると思う。

kapuki

所在地:
東京都目黒区青葉台 1-25-1 K2ビルディング 1F
営業時間 11:00〜18:00 定休日 水曜日、木曜日

HP(場所)


そういう方は、
まずはオンラインので 見てから 友人と行ってみるのがおすすめです。笑

https://kapuki.jp
ブログランキング・にほんブログ村へ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる