バイヤーになりたい人に 英語は必須なのか



そもそも バイヤーという職種に英語は必須なのでしょうか?

結論:話せなくても大丈夫  (話せた方が良いけれども)

かといって、話せないままずっと行けばいいや〜と甘えているような考えの人は、
バイヤーには向きません。

英語が話せる方が幅は広がるし、
話そうと努力する人が、バイヤーに向いています。

筆者は全くペラペラではありませんし、
仕事の業務に必要な事項を確認する、仕事上の定型分(決まり切った内容)くらいしか
話していませんが、
 
個人的には日本人以外とも交流できるので英語は趣味です。

ドラマ以外にもネイティブの話すものや、新たな番組を見たいなとYOUTUBEを
物色していたところ、
日本人でアメリカ育ちの方の英語番組など、英語関係の番組を見つけたりしました。

筆者は英会話スクールにも通い、
毎日英語で日記をつけましたが、海外ドラマを見る習慣がつけ、まずは英語字幕で見てから
日本語で見るのがおすすめです。

今回はそんな 英語に関するお話です。

目次

バイヤーになりたいけど英語が話せなかった筆者の体験談

私が育った家庭では、
父が英語を仕事で毎日話していました。

大学生の頃から英語には親しんでいたし、
お金を貯めて、英会話スクールにも。

まずは、学生時代の英語環境を振り返ります。

バイヤー1年目時代の英語の勉強

英会話スクールに通う

筆者はお金を貯めて、まずは英会話スクールAEONに通いました。

初歩的なところから勉強したものの、
上のクラスに行く程に思うことは、
とにかく<スピーキングの練習がしたい>ということ。

でも、日本にいるうちは
外国人の友人や恋人でもいない限り英会話しか方法がなく、
ただ英語をはなすにもお金がかかるという現実。

英語のスピーキング力を上げるのは 
海外旅行に行って<ひたすら、外国人と話すくらいしかない>と思っていました。

しかし、英会話スクールでも同様の悩みを抱えている友人ができ、
いくつか外国人以外と話す以外の勉強方法を教わりました。


スピーキング以外であれば日本国内にいてもできることもあることを知ります。

海外ドラマを見る

1話45分の海外ドラマを 字幕なし で毎日1話づつみて、
その後 字幕ありにしてみる、ということも。

こうして私は 海外ドラマオタクに突入しました。


日記を始めた



日記を、毎日英語で書くことにしました。
他愛もない日々の生活を英語にしてみるということです。

考えたことを少し長めに書いてみるなど、少しづつ無理せずに
取り組んでいきました。

その日の天気をひとこと、でも良いのです。
凍るような寒さだったとか、
曇天で気分もなんだか落ち込むような曇りで嫌だ、とか、
霧のように降る雨だとか。

日本語が、いかに天気の言い回しの単語が豊かかを思い知ったのもこの時でした。
天気や考え、友人との会話で自分の思うことを書いたほか、

海外ドラマで面白い言い回しを見つけてはノートに書き、
それを日記に取り入れて使ってみます。

気が遠くなりそうですが
面白いので それはそれで 身についたかなと思っています。

英語を話せなかった筆者の海外買付体験談

ある時初の海外出張。
私が フィリピンの展示会に行った時のこと。

フィリピンでは タギリッシュ と言われたりする、
タガログ語という フィリピンの言語と、
英語が混じった独特の 英語が存在します。

現地の方の話すタギリッシュは かなりクセがかなり強く、ほとんどわかりません。
ややスペイン語なまりの英語です。
フィリピンは スペインの統治下に400年もあった国なので、
スペインの文化が色濃く残っています。

そのタギリッシュが話される国の展示会に行くと、
気になる商品があるブースでは フランス人がいました。

フランス人のオーナーの会社で フランス人の家族経営。
フランス語しか話せないオーナー一家と、
英語が堪能なスタッフ数名、
タギリッシュしか話せない工場勤務の現地の方とで
展示会を切り盛りしている。

そこに、日本人の英語がままならない私が、
内心 英語が話せないとビクビクしながら、
毎日 書いている日記レベルの英語で 話しかけてみました。

「これはいくらですか。最低ロットを教えてください、」と。

ごく基本的な内容の質問でしたが、
フランス人の男性スタッフに聞いたところ、

「オー。ごめんなさい、僕は英語が話せないんだ、フランスから手伝いに来てるの」と、
顔を真っ赤にされて 言われたのです。

まるで、日本人が
「ごめなさい、英語が話せません」と外国人に言うセリフを言われました。

奥から代わりに、
自称英語が話せる君が きたのですが、
正直、 最初のフランス人のスタッフから
「英語が話せないんだ、ごめんなさい。」と言われた時に、
自分が 英語が話せる人として 自分が扱われていることに
気づいたんですよね。

それで、自分んが話せているとは思ってはいないものの、
ひたすら 聞きたいことを聞き、 間違ってはいけないところだけを
間違わないように情報を確かめながらやりとりしていたら
発注まできちんとできました。

いわゆる 英語が堪能とかじゃ無く、
こうして経験値を上げていき、結果「恙無く(つつがなく)発注できれば」それで良いのです。

私は 今では通訳や
アメリカで 生まれ育った先輩バイヤーとか、
だんなさんが アメリカ人、という バイヤーと一緒に行くと
彼らが通訳してくれるので
自分から話すこともないのですが、
みんなでいるときに 何が起こっているのか会話の全貌がなんとなくでもわかれば
それで良いし、
自分が自ら 完璧に話せなくたって なんとかなります。

バイヤーで英語が話せないとどうなるか?

私の英語のスキルは 上記の通りなので
最初から上司には英語は話せませんよ、と 公言しています。

ところが、
バイヤーは「根性があれば何とかなる」という人が多いので、
これから 学べばなんとかなるよ、と話せなくても
英語がマストな部署に配属されたりしますし、
外国人から容赦なく英語で電話がかかってくるので、出てしまったら、
無言で切るわけにもいかないので話さねばなりません。
心臓が強い人だけが生き残る、というのはあるかもしれません。

ちなみに、私の上司だった人は
フランスに買い付けに行きたいから フランス語学校に通い、
結果的に 取引先のフランス人とフランス語で会話するところまで
フランス語スキルを上げていました。

鍵は
「必要ない会話でも、どんなにくだらないことでも
思ったらすぐに会話にして、会話量を増やすこと」だそうです。

相手に面倒くさがられますが
話そうという気がある と思われると、結構話しかけてくれるものだそう。

楽しめばなんとかなると思えば、乗り切れるのかもしれません。

バイヤーとして就職するためには?

「MD」とか、「マーチャンダイザー」という職種で募集している会社を探します。
そしてひたすら面接に行くことです。

その際、ほとんどの会社は経験者を採用しますので、
どんな会社で、どんな買い付けをしてきたのかをわかりやすく伝える必要があります。

私は自分でネットショップをやってそれが軌道に乗った経験があったので、
毎月の売り上げ金額と、
トップページのレイアウトを見ていただくため、紙で印刷して お見せしました。


ネットショップのトップページは、
リアル店舗の棚割りのような感じで
少なくとも 買い付けは伝えることができると考えたからです。

大手の会社や、これまでバイヤーとして勤務したことがなくても、
自分でネットショップをしていたり、百貨店催事でお店を出したことがある場合は
その写真、
商品の写真などを持っていっても良いかと思います。

その際、英語が話せる・話せないの話になるかもしれません。

話せるようになりたい、努力する気はある、などの前向きな人は
前向きに捉えてもらえると思います。

しかし、海外に行かない商材のジャンルの買い付けもあるので、
そちらであれば 英語は不問でしょう。

英語を全く話せないけれど、勉強する気があるのか、
ある程度話せるのか、正直に伝えた方が良いです。


英語不要のバイヤーなんているのか?

英語を話さなくても良いバイヤーのジャンルとは、どんなジャンルでしょうか。

家電のバイヤー

海外の展示会に行くなど、海外出張の機会がないバイヤーのジャンルの一つ目は、
家電です。

家電は、日本の電安法の関係で
直輸入の商品などは なかなか日本で売ることが難しいため、
海外の買い付けには殆どのバイヤーはいきません。
商品探しは国内の展示会ですみます。



化粧品のバイヤー

化粧品も、薬機法という日本の法律の関係で
海外のコスメでも 日本で販売する際に
言えること、言えないこと、などの規制があるため
化粧品の輸入元のバイヤーを志望しない限り、
コスメのバイヤーで英語がマスト、ということはありません。

日本国内の雑貨店などのコスメバイヤーで国内仕入れをする会社であれば
英語が話せなくても 英語を話す機会がそもそもないので、
英語が話せなくても問題ないでしょう。

輸入元として海外の化粧品を輸入するような機能の会社の場合は、
かなりきちんとした英語力が求められるので、
雑貨店などでチョロチョロと置くだけのバイヤーではなく、
直輸入する輸入元の規模のバイヤーの場合には、必要となります。


英語が必須なバイヤー とは?

海外からの直輸入をする商材の場合、必要です。多くはファッション系。

アパレル、ジュエリー、コスチュームジュエリー、服飾雑貨は
話せれば通訳を雇わなくても良いので重宝されると思いますし、
一人で行くことも増えてくるでしょう。

話せなくても 自力で頑張るしかない環境もあるかもしれませんが、
先輩などに付き合ってもらえればなんとかなります。

話せない人は、いつまで経っても通訳してくれる先輩や上司についてきてもらうことになります。

バイヤー志望の英語の勉強におすすめ

英語の学習に 海外ドラマは王道ですが、
今回は最近ハマっている英語学習系youtubeをご紹介。

日本人が使う変な英語とか、
話し方を説明する ネイティブの日本人のyoutubeです。

英語を趣味としているような方には楽しめるyoutuberです。

勉強したいガッツのある人がバイヤー向き

職種に向いている性格の一つだと思いますが
チャンスだから やってみようという ガッツのある人であれば
今 英語が話せていなくても大丈夫だと思います。

「今英語が話せないけど、これから 仕事をしながら勉強します」を
正直に上司や先輩に言っておけばなんとかなると思います。

最初は英語が話せなくても大丈夫。
勉強するつもりのある方も大丈夫。
英語だけがネックで諦めるのはもったいないと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる