ミニマリストは洋服の買い物どうすべきか。6つの提案

「洋服、ファッション、買い物は好きだけど、これ以上荷物を増やすのは嫌」

「荷物を極力減らして生きていきたい」。

「部屋をもっと広く使いたい」。

荷物を増やさないためには、買い物をやめるしかないのでしょうか?

そうであるなら、もうオシャレを楽しめないのでしょうか?

答えは

結論:荷物を減らしたい人・ミニマリストは、ファッションのレンタルサービスがおすすめ!


理由は、「レンタルすれば、荷物は増えないから」です。


筆者はミニマリストではありませんが、
部屋の荷物をもうそろそろ増やさない方向で行かないとクローゼットはパンパン。

整理整頓が大変になると、何を持っているのか把握できなくなりそうで、買うのは休まないとなと思っています。

しかし、ファッションを諦めなきゃいけないのか?というと、それは嫌。

そこで、荷物を増やしたくない自分のために見つけたサービスが、
ファッションのレンタルサービスでした。

しかも、「知らないようなマイナーブランド」だけではなく、
百貨店に置いてあるようなデザイナーズブランドなどもラインナップされています。

マルジェラが月額1万円前後で着られて、飽きたら返せば良いし、場合によっては買い取っても良いというではありませんか。

非常に魅力的だったので、ご紹介します。
筆者がこれから使おうと思っているサービスにつき、
申し込んだらレポートして記事にする予定です。

それでは詳しく見てみましょう。

目次

なぜレンタル(サブスク)がおすすめか?

新しい服を交換して楽しめる

「選ぶ楽しみ。」

これが買い物の楽しさです。

レンタルのサービスは、
買い物をするように洋服を選び、買い物かごで決済をします。

まるでお買い物さながら。

しかし、飽きたら返せば良いので買い物との違いは、「家に荷物が増えない」ということだけ。

荷物を増やさずに済む

買取りたければ、買取もできるそう。
基本は、「汚れたらクリーニングに出すかのように返送して、新しいものを借りる」システムのようです。

洗って畳んで、の手間もなく、荷物を増やさずに済みます。

ミニマリスト(女性)の洋服好き、買うべきものは?

「荷物を増やしたくない人」がそもそも買っても良いもの、とは何なのでしょうか。

飽きずに着ているベーシックなワードローブ(トップス)

いつもあなたが飽きずに着ているトップスはなんですか。
クルーネック?Vネック?何色のもの?

クローゼットの中を見てみましょう。
よく着るものと、全然着ていないものがあるはずです。

ミニマリストの方は既に「着るものだけ」を熟知し、それだけしか持たないようになっているかもしれません。

荷物をこれ以上増やしたくない、ミニマリストに憧れる、という方は、
ご自身のクローゼットや、毎回「迷わず買ってしまう色」は何色なのかを調べましょう。

その、「決まった形、決まった色」が、あなたにとって飽きのこない、着やすい、
最後まで手元に残すであろう一品。

そういったベーシックなものは、良質なものを買って長くずっと使いましょう。

飽きずに着ているベーシックなワードローブ(ボトムス)

同じように、ボトムスも調べてみます。
黒いボトムスとか、
同じようなものを何本か持っていませんか?

そういうご自身の定番は、良いものを買うべきです。

ミニマリストは、いつか不要になるものは買ってはいけない。(ストレスになるだけ)

ミニマリストとは

自分にとっての必須を知っている人

そもそもミニマリストとは、
最小限の持ち物にすることで、ご自身の最も大切なものだけを残し、
それを大切に愛でるライフスタイルの方です。

興味の対象があちこちと移り変わり、すぐに飽きて持っていることさえ忘れるというような
移ろいやすい性質のことではありません。

ご自身に合ったものだけを削ぎ落としてみたら
大切なものだけが残った、というスタイルです。

しかし、
彼らのような「荷物をほとんど持たない」暮らしに憧れる方は、
どうしたら良いのでしょうか?

物のメンテナンスできる人

そして、ご自身にとって大切なものを、大切に長く使うために
メンテナンスなどをし、
壊れにくいように、あるいは壊れたらすぐに直して使い続ける
メンテナンス力も大切です。

こうして、ずっと一つのものを大切に丁寧に使い続けられるからこそ、
新しいものを計画せずに買って荷物が増えるということがないのですね。

洋服好きミニマリストが買ってはいけないものとは

それでは、ミニマリスト、または彼らに憧れる「持たない暮らし」の人たちが、
買ってはいけないものとはなんでしょうか?
それは、「無駄になるもの」「ゴミになるもの」「不要になるもの」です。

毎回失敗するもの

なぜだか毎回失敗するものはありませんか。
筆者は攻めたデザインのものは、数回できなくなりました。

今まで身につけたことのない新しいジャンル

筆者の場合は自分にとっての新しい色、似合いたいな、と思って手を出した「挑戦カラー」がたいていダメです。
昨年も綺麗なブラウスを買いましたが、結局着るとソワソワして落ち着かないとか、
なんのボトムスに合わせるのか思いつかなくなってしまったのです。

新しく挑戦するものは、気軽に買ってはい開けないなと知りました。

すぐにダメになるもの

プチプラのものはポップなものが多く、見た目に楽しいのですが、
長く使うことがき図、すぐにボロボロになります。

性格的にボロくなったらすぐ捨てる、と最初から決めて買えば良いのですが、
そう思って買ったのに、なぜだか愛着が湧いて捨てられず、
クローゼットに置いたまま。

というふうに、「不要なもの」になることが多いです。

ミニマリストが買い物したくなったら 提案2つ

荷物を増やしたくないのに、お買い物がしたい。
という欲望に勝てない方は、
「小物なら」買っても良いのではないか、と思います。

アクセ、バッグ、靴下など小物を活用

アクセサリーなら今あるお洋服の印象もガラリと変わり、
ヘアアクセサリーでヘアアレンジを変えたり、
バッグや靴などでヒールにしたりスニーカーにしたりなども良さそう。

なぜ小物なら買っても良い感というと、
嵩張る洋服とは違って、アクセサリーなどは保管場所が小さいからです。

ジュエリーなど予算を上げる手もある

それでも、「大きなお買い物がしたい」方は、
思い切って小さなスペースの収納場所しかいらないけど、
それなりにお買い物をした感のある、ジュエリーを買ってみてはいかがでしょうか。

後々の資産になるものであれば、
金やプラチナのジュエリーを買うのもおすすめです。

買い物失敗の回避策は

買い物そのものを失敗しない

荷物が増えるのは、お買い物で失敗してただの箪笥の肥やしを増やしているだけなのかも。
お買い物での失敗を減らせば、「不要な荷物」を減らせるのではないでしょうか。

どうしてもよくお買い物で失敗してしまう人は、
ご自身のお買い物に向き合ってみるとよさそうです。

1つ買ったら1つ捨てるルール

荷物が今より増えないためには、一つ買ったら、同様なものを一つ減らすこと。
ルールにして、何かを捨てたら買ってよし、とし
収納場所を確保するのも良いのかも。

失敗しても返せるサブスクを利用

失敗しないようにすることも実際は真面目に取り組まないとできないし、
捨てるルールもなかなかキビシイ!

と思うあなたには、
そてる必要もなく、
ご自身の買い物の失敗に向き合うこともしなくて良い、
「借りて返すだけ」のファッションレンタルサービス(サブスク)がお勧めです。

3つほど見てみましたが、

月額使用料を払い、
あとはネットショップのようなサイトで、
月に何枚まで、という規定に従って選んでオーダーすれば良いだけ。
まるでネットで買い物をしのとほぼ同じで、届くのを待つだけ。

返す時にだけ、送り返す手間が発生しますが、そのくらいです。

ミニマリストとファッションを諦めたくないなら 提案4つ

洋服を買うのではなく、レンタルすることで、飽きたら返すことができ、
荷物を増やさずに済ませたい方におすすめのサービスを3つ見つけました。

air Closet

ファッションのブランドには執着しないという方はこちら。
プロが選んだコーディネートが届く、という触れ込み。

airCloset

EDIST

ファッションはブランドとかはそれほど気にしない、という方にはこちら。
スーツじゃないけど、女性らしい仕事服をお探しの方へ。オフィスカジュアルな感じか。

EDIST

Another ADdress

株式会社大丸松坂屋百貨店の始めたサービス。百貨店で販売され散る憧れのブランドがレンタルできます。

憧れブランドのサブスクなら【AnotherADdress】

筆者これから試してみる予定。

メチャカリ

20−30代が最もつかっているというサービス。ちょっとカジュアルで若目な印象。

メチャカリ

まとめ

ミニマリスト=ファッションを諦めた人ではありません。

ミニマリストになりながら洋服を増やさないことも両立できるので
一般の方だけでなくミニマリストにもファッションのレンタルサービスは
おすすめ。

ミニマリストに向けて、「おすすめ洋服以外のサービス」もまとめてみました。

関連記事

通販の失敗対策を考えてみました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる