Mayumi Kondo 個性的な高級皮革

今では主に、 顧客のオーダーメイドをメインに活動されているそうですが、
私の憧れのトートバッグ mayumi kondo、
素材そのものが それはそれは珍しいので ぜひ実物をご覧いただきたい!

mayumi kondoのご紹介。

この記事を書いた人(プロフィール)

  1. 名前:ダフネメリア
  2. 職業:現役のバイヤー
  3. どのくらい:年間600商品仕入れ
  4. 2002年から20年ほどのベテラン
mayumikondoの財布とポーチ
筆者のmayumi kondoのコレクション。使い込んでます。
財布は犬が赤ちゃんだった時代にかじられて右側がボロボロ。(泣)
目次

アイコンバッグがとにかく美しい

mayumi kondoは素材にこだわり、本当に納得のいくものだけを物作りされている
バッグのブランド。
デザイナーは ブランの名前でもある 近藤真弓さん。

ご自身が使いたいもの、良質なものだけを、
拘った素材だけを使って丁寧に作っています。

お店を、ニューオータニ のホテルに構え

mayumikondoの店舗外観
mayumikondoの外観
引用:mayumikondo公式サイト

宿泊されたお客様から その後も 
オーダーメイドのバッグなどを作られているそう。

私が見つけたのは、ファッションバッグ、雑貨の展示会。

それはそれは 会場で一際目立っていたアイコンのバッグを目掛け、
吸い込まれるように mayumi kondoのブースに近づいて行ったら
このバッグの作り手であるご本人が接客してくださったのが ご縁の始まり。

本当に納得のいく、丁寧な素材選びと、生産。
まずは使う素材をイタリアに探しに出かけ、
その素材でバッグを作るなら、、、と デザインを始めるそうで、
私が見たかぎり 量産体制を構えるブランドでは やらないような
デザインのものが多かったです。


多分この、
量産するつもりがない、というのが大切なところで
沢山作ることができない 作りが面倒なバッグ、
素材を贅沢に使うので歩留まりが悪いけど 出来栄えが美しいので
どうしても効率より美しさを優先する、という 物づくりの姿勢が
目に見える形になっているのが、 このブランドの特徴なのだと思います。

取手の部分や金具の細部に至るまで、
このバッグにはこれはつけない、 ここがおかしい、 と
ご自身が細かく指示を出して 工場に作ってもらっているとのこと。

ご自身で作ったバッグを持っては、
ここが使いにくいからここを変えましょう、と 
作ったバッグに真剣に向き合っていらっしゃいます。

こうして 一点づつ生み出すものに向き合い姿勢は、
他の 真剣にもの作りをされていらっしゃる方には よくある話なので
作家さん達との付き合いが 長くなるとそうは驚かない習慣ですが、
量産のバッグなどと比べると、
量産バッグの、「効率」「歩留まり」「作りやすさ」「価格」などを優先する代わりに
やはり こだわり を捨てるブランドも多いので、
こういった 丁寧に向き合う姿勢のブランドは、 個人的にとても好きです。

もちろん量産ブランドだって そういう丁寧に生み出すブランドはあると思いますが、
個人で 一つ一つを作品として生み出している人たちとの熱量の差を感じる部分かもしれません。

アイコンのバッグは、お値段が40万円前後でした。

ブランドのバッグを買うとなれば、そのくらいのご予算になるので
驚きはしないと思うし、
私は正直、 ブランドのバッグの売価を考えたら
38万は むしろお手頃で もっとそのうち高くなってしまうんだろうから
安い今のうちに買っておきたいなと 思うほどでした。

アイコンバッグには、
ピンク色と 黄緑色の2色展開。

黄緑なんていう色を、高額のバッグに採用しているなんて
そうそう見かけないと思うし、
私自身なかなかこの色を ファッションに取り入れないけれど、
意外と洋服に合わせやすく
白系でも、 ベージュでも、 ブラウンでも、一つで明るく見え、
尚且つ個性的にも見える。

豹柄に 大胆な蘭のお花のモティーフだそうですが、
色の入っている部分は、なんと 丁寧に、その柄に合わせて毛を剃っているのだそう。

毛を剃って 染色しているという気の遠くなる作りをした革で
この蘭のモティーフが真ん中にどんと入るように、
一枚を贅沢に使用して バッグに仕立てているのですね。


mayumikondoのイタリアンアートレザー
素材拡大 (mayumi kondo オフィシャルサイト materialから)



しかも、 予め 豹柄が プリントされた革を見つけてきたわけではなく、
一度、カーフを 白く染め、 その真っ白な素材に 豹柄をプリントし、
毛を蘭のお花の形に 削り、その部分にのみ職人が手と筆で染色していくという・・
気の遠くなる素材。(イタリアンアートレザー

素材だけでも作品なのに、これをバッグにしたたというのが、 このブランドの贅沢なところです。

本店へ行こう

ぜひ一度、 本物をご覧になっていただきたい。
そして、 私が熱を持って書いた アイコンバッグ以外にも、

mayumikondoのバッグ
mayumi kondo collectionより
mayumikondoのクロコのバッグ
mayumi kondo collectionより

他にも
カサノバ という 黒い革に シルバー箔のかっこいいバッグや
写真のような シンプルだけど上品なクロコダイルのバッグも展開されているので、
ぜひ 本物を見ていただきたい。

〒102-0094  東京都千代田区紀尾井町4-1 
ホテルニューオータニ東京ザ・メイン ロビィフロア 
mayumi kondo   (10:00〜18:00  年中無休)

オンラインショップもございます

ブログランキング・にほんブログ村へ
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次